キュレル化粧水の底値と商品解説 – faibree( フェブリー) –

キュレル化粧水の底値と商品解説

キュレル化粧品の国内シェアランキング第2位を誇る花王株式会社が、乾燥性敏感肌の人たちの悩みに応えたいとの思いから作り始めたキュレルのスキンケアシリーズの化粧水です。化粧水にはⅠ~Ⅲまで3種類あり、成分は同じですがしっとり感の高さが異なります。モデルの高垣麗子さんも愛用している化粧水Ⅲは、最もしっとり感の高いリッチな使い心地に仕上がっています。


>続きを読む

キュレル化粧水の特徴

キュレル化粧水の主成分であるアラントインは、肌荒れや傷の修復効果だけでなく肌荒れ予防にも効果があります。そのため目薬や軟膏などにも配合されている成分です。アトピーにも効果的な成分であり、実際にアトピー肌の方でキュレル化粧水愛用者は多いようです。

また、肌荒れ改善や肌のひきしめに効果的なユーカリエキスや、pH調整機能のあるコハク酸も含まれており、これらの成分の働きによってニキビなどで荒れた敏感肌を整えます。

キュレルのスキンケアシリーズは、乾燥性敏感肌に不足しがちなセラミドを守り補うことに徹底して作られています。ユーカリエキスにはセラミドの産生を促す働きもあり、セラミド不足を改善することで潤いのある肌へと導きます。

アルコールフリーで乾燥性敏感肌の方によるパッチテストも行われているため、低刺激で保湿力が高い化粧品としてキュレルの商品を進める皮膚科の先生も多いんだとか。

しかし「肌がきれいになった」「潤った」という口コミがある一方、「肌が痒くなった」「さらに荒れてしまった」「ヒリヒリした」という口コミも多く、肌に合わない方も多いようです。

肌荒れが酷いときに使うとヒリヒリしたという感想もありましたので、乾燥性敏感肌向けの化粧水ではありますが、あまりに酷い状態の肌には向かない商品なのかもしれません。

口コミの数自体が多い商品であり、合う合わないがあるのは仕方のない事なのですが、それを踏まえても低評価の口コミの数が多い印象を受けました。
しかし、1本で約3ヶ月使えてコスパが良いことやドラックストアでも購入できる商品なので、肌に合う方にとってはリピートしやすい商品であると言えます。

合う合わないは実際に使用してみないと分かりませんので、心配な方はメイク落とし・洗顔料・化粧水・保湿クリームがセットになったトライアルキットも販売されているので、まずはそちらで試してみることをオススメします。

キュレル化粧水の底値

キュレル

チェック必須!
底値はYahoo!ショッピングへ!
販売店 底値 送料
Yahoo!ショッピング 1,273円(税込) 矢印
楽天 1,298円(税込)
ポンパレモール 1,390円(税込)
AMAZON 1,667円(税込) 無料
公式サイト 1,944円(税込)
※画像は公式サイトより出典しています。
スポンサーリンク